ACTOR

三浦翔平がごくせんで味わった屈辱とは!?海猿オーディションも奥の手で突破!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今や売れっ子の三浦翔平さんですが、デビュー作である「ごくせん」で味わった屈辱とは一体どのようなものだったのでしょうか。その後、映画「海猿」に抜擢されましたが、知る人ぞ知る「あの奥の手」で突破したとの噂もありますよ!?

三浦翔平がごくせんで味わった屈辱とは!?

そのイケメンで多くの女性を魅了する三浦翔平さん。最近は同クールに2つのドラマに出演するなど乗りに乗っています。

そんな三浦さんが俳優デビューしたのが、今や伝説となったドラマ「ごくせん」。仲間由紀恵さん演じる極道の娘で高校教師「ヤンクミ」と不良生徒たちの学園ドラマで、映画化もされるほどの人気作となりました。

ごくせんの何が凄いかというと、生徒役のメンツの豪華さがずば抜けています。詳しくはコチラを見て頂くとして、シリーズ3作で目立つ名前を挙げてみますと、以下のようになります。

第1作:松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、ウエンツ瑛士。

第2作:亀梨和也、赤西仁、速水もこみち、小池徹平、高良健吾、水嶋ヒロ、小出恵介。

第3作:高木雄也、三浦春馬、三浦翔平、夕輝壽太、ユージ。

問題起こしちゃった方も少々混じっていますが、まさに今の芸能界をけん引している錚そうたるメンバーではないですか!

三浦翔平さんは第3作からの出演で、これが俳優デビュー作。丁度20歳になる年ですね。

コチラ当時の写真ですが、ちょっと顔がふっくらしている感じもありつつ、なんせ若いですね。

これなどは、高校生というよりもホスト!?という雰囲気。

ただこの当時、三浦翔平さんは演技面ではまだまだの状態で、屈辱感を持っていた事を「another sky‐アナザースカイ‐」で告白しています。

「仕事という意識が低く、アルバイト感覚でやってました」と当時の芝居への取り組み方を振り返る。だが、その一方で共演した三浦春馬に対して「演技がすごくて、もらい泣きした」というエピソードを告白。

さらに「新人だからと大目に見てもらってもいましたし“頑張ります”しか言えない自分が悔しくてしょうがなかった」とも。

引用元リンク

そんな時期を過ごしつつ、その後は演技力を向上させており、「エンジェル・ハート」「ダメな私に恋してください」「奪い愛、冬」などは演技に対する評価がかなり高くなっていますよ。

なかなか壁を越えられないという声もあった三浦翔平さんですが、そろそろブレイクの時機到来といった所でしょうか!?

海猿オーディションも奥の手で突破!?

三浦翔平さんはごくせん出演後に、映画「THE LAST MESSAGE 海猿」に抜擢されました。こちらは体力的に相当過酷だったようですね。

「海猿」は海上保安官の潜水士を描いた物語ですが、スタントマン無しでの厳しい現場によってリアリティを追及しています。何と、役者さんたちが本物の潜水士達と同じ訓練メニューをこなすというのも一つの売りとなっています。

俳優さんにとってはかなりオーバースペックの訓練である事が、三浦さんらのコメントから容易に想像つきます。

伊藤たちは、2分半の息止めと、10キロほどの重りを持って背泳ぎ50メートル、500メートルのフィンダッシュ、水中でのギア交換、水深5メートルぐらいのところから10キロの重りを持ち上げるといったメニューをこなしたという。

三浦翔平「4キロの重りを持って、立ち泳ぎをしているときは、本当におぼれかけました……。本当に怖かったし、何度も帰りたくなりましたよ(笑)」

伊藤英明「本気で沈むんですよ! 訓練中は、助けてくれないし、あおられるし……、教官に、耳元で『お前、本当に海猿か!』って怒鳴られたときもありましたね(笑)!」

佐藤隆太「前のドラマで、20キロの重りを背負って100階段を上るシーンでは、イミテーションの重りを持とうとしたときに、英明さんに『お前、海猿だろ!』って、本物の重りを背負わされましたよね!」

引用元リンク

これはキツイ!役者さんたちの根性には、素直に尊敬です。

そんな命がけの訓練をこなした三浦さんですが、何でもオーディションで使用する「奥の手」があるらしいですよ。その「奥の手」とは一体・・・

それは知り合いのおばちゃんにの一言で半ば強引に受けたジュノンボーイのオーディションでの事・・・

他の出場者が歌やギター、ダンスなどを披露する中、三浦は特技を披露することを聞かされてなかったので、土壇場で出川哲郎のモノマネを披露。

「これやばいよ!ほんとやばいよ、勘弁して下さい!」

とのモノマネでジュノン編集部の方々が大爆笑!

「これは受かったな・・。」と確信したとの事。

引用元リンク

これはかなりディープな奥の手!!普通はスベるパターンじゃないですか。よっぽどモノマネが上手かったのか、編集部が三浦さんファンだったのか・・・

そのネタで(?)「フォトジェニック賞」「理想の恋人賞」を受賞したそうです。

これに気を良くした三浦さんは海猿のオーディションでも、出川哲郎さんばりのザリガニネタを披露したとか!?

・・・んな訳ないですね。

海猿の出演についてはオーディション形式ではなかったようです。

 製作サイドは今年5月に本人と対面して起用を決定。臼井裕詞プロデューサーは「彼の持っているチャーミングな笑い顔、キリッとした表情が『海猿』の世界にピッタリだと思いました。

見た目は細いけど、上半身裸になってもらったら、無駄な筋肉もないし、過酷な撮影にも耐えられそうです」と評価した。

引用元リンク

本当の奥の手は「出川ネタ」ではなく、笑顔と肉体だったようですね。誰だデマを流したのは!あっ私か。

関連記事:三浦翔平さんの筋肉にウットリした件

関連記事:三浦翔平さんの美尻に皆が期待しすぎた件

この記事を読んだあなたにおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

GADGET

BOOKS

SHOW BIZ

PAGE TOP