ACTRESS

大島優子の逮捕疑惑はデパート店員の罠!?母がハーフで驚きも韓国系で納得!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

元AKB48で今は女優としても成功している大島優子さん。そんな彼女になんと逮捕疑惑が浮上していました。また、大島さんのお母さんは韓国系のハーフで大島さんはクォーターであるという噂も話題になってます。

大島優子の逮捕疑惑はデパート店員の罠!?

逮捕なんて聞くと穏やかではありませんね。なぜそんな疑惑が浮上したのでしょう。事の発端は大島さんが、節税のために個人事務所設立がばれてしまった事によります。

oosima1.jpg

では、なぜ個人事務所設立がばれてしまったのでしょうか。

事件は2016年1月に起きました。銀座のアパレル店で小柄の女性が買い物をしていました。その女性が会計の際に「領収書は株式会社ビッグアイランドでお願いします」と。

対応した店員は「ビッグアイランド・・・大島!?まさか大島優子!?」とピンときたという事のようです。

個人事務所の名前を自分の苗字を英語表記しただけだったので、ばれてしまったという訳です。そのナイスなネーミングセンスには全員ビックリですが、一体誰がその名前を考えたのか・・・

ちなみに大島さんはAKB48卒業後は太田プロダクションに所属しています。個人事務所設立は登記簿上2012年10月1日にされていました。

いまや女優へ見事に転身し、売れっ子となった大島さん。事務所設立はもしかすると脱税なんじゃ?!ということで逮捕疑惑が浮上したわけです。いわば、バラしてしまった店員さんによる罠と言えるかもしれません。

しかし、「事務所設立=脱税」って飛躍しすぎだろ!という事で、事務所設立がバレたからといって大島さんは逮捕されません。

ただ、個人事務所設立っていうと何かと揉め事があるっていいますよね。最近の個人事務所設立の揉め事というと、朝ドラ「あまちゃん」で一躍大人気となったのんさんです。

のんさんは仕事を干された事で大揉めの独立騒動に展開しました。

のんさん独立についての関連記事

大島さんもそのパターンかと思いきや、所属事務所とは関係が良好のようです。

大島さんの個人事務所設立の目的は節税との事。不動産売買や賃貸、美容品の企画や販売など幅広いビジネスを計画しているようです。色々と経費にすることでギャラを節税出来ますからね。それも所属事務所の了承済みなのでしょう。

節税目的の個人事務所設立は良くある事ですが、大島さんクラスになるとどれだけ稼いでいるんでしょうか・・・むしろ、そちらも気になります!

母がハーフで驚きも韓国系で納得!?

最近、演技の幅もますます広くなっている大島優子さん。そんな大島さんは混血でクォーターらしいとのことです。お母さんが韓国系のハーフと噂になっています。

ちなみにクォーターとは、日本人以外の血が8分の1以上入っていることを指します。ただ、複数の情報からは、お母さんは韓国系ではなくアメリカ系らしいです。父が日本人、母が日本とアメリカのハーフということ。

これは驚きですね!アジア系の顔だからまったくアメリカの血が入ってるなんてこと全然知りませんでした!

WS000416.jpg

これにはファンも意外だったようで、

大島優子ちゃんがクォーターだと今日しりました(^皿^)

仲里依沙ちゃんみたいな顔立ちで体つきだったら外国の血が入ってるなってわかるけど優子ちゃん全然わかりませんよね。

日本の血が濃いのですかねw

ではなぜ韓国が出たのかというと・・・韓国とのつながりも多少あるようです。祖母が日系韓国人でアメリカに渡り、アメリカ人と結婚したようです。

て、あれ?母は韓国とアメリカのハーフという事になりますが・・・公表された情報ではないので、情報が錯そうしているようですね。

ちなみに大島優子さんのような隠れハーフ、隠れクォーターはまだまだいます。

隠れハーフ

渡辺直美さん(台湾と日本)

AKB48 秋元才加さん(日本とフィリピン)

布袋寅泰さん(父が韓国、母がロシアと日本のハーフ)

玉山鉄二さん(韓国と日本)

松田優作さん(日本と韓国)=松田龍平さんと松田翔太さんはクォーター

隠れクォーター

浅野忠信さん(インディアンと日本)

観月ありささん(アメリカと日本)

安室奈美恵さん(イタリア系アメリカと日本)

ブラックマヨネーズ 小杉竜一さん(アメリカと日本)

浅野忠信さんのインディアンとか、ブラマヨの小杉さんがハーフとかはビックリです!!大島優子さんの場合は、かなりアジアの血が濃いめなので、日本人的な顔つきなのも納得出来ますね。

この記事を読んだあなたにおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

GADGET

BOOKS

SHOW BIZ

PAGE TOP