ACTOR

小栗旬はモノマネ芸人に逆似せで好感度アップ!?銀魂実写化がガセでなくて謝罪しまくり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小栗旬さんはモノマネ芸人に真似されたネタに気を悪くするどころか、本人がみずから逆似せすることで好感度がアップしているようです。

また、ガセではないかと言われていた、映画「銀魂」の実写化への主演が決まりましたが、出演者がなぜか謝罪しまくりの状況となっています。

小栗旬はモノマネ芸人に逆似せで好感度アップ!?

小栗旬さんのモノマネが話題となっているのは、お笑いコンビ「土佐兄弟」。その名の通り兄と弟のコンビなのですが、小栗さんの真似をするのは弟の有輝さんです。

 

静岡〜〜!! #土佐兄弟 #土佐ゆうき #カワイイ女の子探すロケ #ルパンに情報ください #明日は沼津 #リアルに紹介お願いします

土佐兄弟 ゆうきさん(@tosakyodai_otot)が投稿した写真 –

小栗さんネタとしては、「電車に乗り遅れた小栗旬」、「改札で引っかかる小栗旬」、「車のバックが苦手な小栗旬」、「実家暮らしの小栗旬」などで、小栗さん風の決めゼリフに対して、兄の卓也さんがツッコむというスタイルです。

「次の電車だ!」が特に話題になっているようです。

“電車に乗り遅れた小栗旬”では、出発寸前の電車に走り込んだものの、目の前でドアが閉まる。
「あっちゃ~」と後ろを向き肩を落とすが、「次の電車だ!」とキメ顔で振り向くという流れ。

「おもしろすぎる」「似てるというか、なんかわかる」「何回みても声出して笑っちゃう」などの反響があり、「次の電車だ!!」を真似する動画も続々とアップされている。
参考元リンク

「しゃべくり007」では、土佐兄弟と小栗旬さん本人が共演。

土佐兄弟によるモノマネを小栗さんが更に真似るという展開で、小栗さんのノリの良さと度量の大きさで好感度もアップしたようですよ。

これは本人がやった事で、面白くなったパターンですね。土佐兄弟のモノマネ単独では、おそらく注目を集める程では無かったのではないでしょうか。

単独で見ると・・・

 

次の電車だ!! 小栗旬さんがやってくれたネタ!! 乗り遅れそうになったら駆け込み乗車せず次の電車だぁ!! #土佐兄弟 #しゃべくり007 #小栗旬さん #次の電車だ #本家かっこよすぎ

土佐兄弟 ゆうきさん(@tosakyodai_otot)が投稿した動画 –

うん。微妙!

銀魂実写化がガセでなくて謝罪しまくり!?

小栗旬さんは人気漫画原作の映画「銀魂(ぎんたま)」に、主役の「坂田銀時」役で主演されます。

原作の画はこのような感じで、ビジュアルの再現度は非常に高くなっています。

銀魂の実写映画化が正式に発表される前にはガセだという情報も流れました。漫画の実写映画化は成功ケースが少ない事から、原作ファンはホッと一安心。

しかし、そのガセ情報がガセだったというオチで、予想キャストとは若干違ったものの、映画化が正式発表されました。

現在は公式ホームページで特報も公開中です。

そのような騒ぎがあったからか、映画のキャストや監督が
謝罪しまくり
の状態になっております。

「ジャンプフェスタ2017」の「銀魂」ステージでは、福田監督が「皆さんの愛する『銀魂』を実写化してしまい、本当に申し訳ございません」とまず最初の謝罪。

出演の佐藤次郎さん、ムロツヨシさんも、「小栗旬じゃなくて本当に申し訳ございません」「菅田将暉じゃなくて本当に申し訳ございません」とメインキャストでないことを謝罪。

それに続いて、小栗旬さん、菅田将暉さんも福田監督のTwitterで謝罪。

このような謝罪しまくりの状況に対し、ファンも様々な反応をしています。

銀魂はシリアスな場面はあるものの、基本は「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」。
これほど関係者が謝罪しまくるという通常の作品には見られない展開に、
「それも銀魂っぽい」
と原作ファンには評価されている部分があるようです。

まとめ

・「次の電車だ!」がプチブーム!
・でも単独で見ると微妙!
・銀魂ファンは意外と納得!

もしや、
映画化ガセ説もネタ
だった!?

この記事を読んだあなたにおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

GADGET

BOOKS

SHOW BIZ

PAGE TOP