ACTRESS

吉高由里子と破局の野田洋次郎がガチヤバ!?ドラマでのビンタ合戦に大島優子もドン引き!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉高由里子さんは現在大人気のバンドRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんと破局しましたが、野田洋次郎さんは色々な意味でガチにヤバいようです。
また、吉高さんと香里奈さんはドラマで強烈なビンタ合戦を繰り広げましたが、居合わせた大島優子さんはドン引きだったとか。

吉高由里子と破局の野田洋次郎がガチヤバ!?

吉高由里子さんは現在大人気のバンドRADWIMPSのボーカル野田洋次郎さんと2015年の2月ごろに破局したと週刊誌に報じられました。

吉高さんと野田さんの交際が2013年2月に報道されてから2年の歳月が流れましたが、野田さんが吉高さんを振る形で破局となったようです。

yoshitaka_noda

吉高由里子さんはNHK朝ドラ「花子とアン」を終えて燃え尽きを噂される休業状態。
対して野田洋次郎さんはRADWIMPSが人気急上昇でこれまでの関係が変化した事が影響しているのでしょうか。

RADWIMPSと野田洋次郎さんについて少々説明をしますと、、、

RADWIMPS(ラッドウィンプス)は、日本の4人組ロックバンドである。
所属レコード会社はユニバーサルミュージック。所属事務所は有限会社ボクチン(英称:voque ting、所属はRADWIMPSのみ)。略称は「ラッド」。

バンド名の意味は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「RAD」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「WIMP」を組み合わせた造語である。

つまり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」などの意味である。
(Wikipedia)

radwimps

高校時代の2001年に活動を開始し、2006年、メジャーデビューアルバムが初登場13位。2008年にはシングル「オーダーメイド」が初登場1位。
その後も順調に人気を得て、2016年には話題のアニメ映画「君の名は。」の劇中全曲を手掛けたり、紅白歌合戦への初出場が決まったりと、まさに今最も勢いのあるバンドとなっています。

こちらの熱い紹介記事によっても、RADWIMPSの魅力を感じられる事でしょう。

野田洋次郎さんはRADWIMPSの全作詞作曲とボーカルを担当するまさにバンドの中心メンバーです。

そんな野田さんが2015年に出版した日記「ラレルレ論」には当時付き合っていた吉高由里子さんと思われる記述がチラホラ出てきています。

・今日はとことんダメ。気持ちがだめ だめだめ あの人に言われた。「わたしと別れたら誰とも結婚できないよ」 最初はふざけんなと思った。でもそのうち本気でそう思った。もう歌を歌いすぎた。歌は消耗する。摩耗する。最後は終わった。もう賞味期限切れだ。メンバーと、メンバーの家族のために俺は生きる。

・終わりなら終わりってわかりたい。力を注いでいいなら注ぎたい。全力で。誰のためにも、誰の幸せにもならないことに、このただでさえ小さな、俺の全力は使えない。

・好きだなぁと思う。好きで好きで、たまらないなぁと思う。とっても愛しくて、他の人に伝えたくなる。でも独り占めしたくなる。相反するようで、矛盾しない。幸せだなぁと思う

野田さんは愛情も含めた何もかもを全身全霊でやり遂げようとしているように感じられます。
ただしその分振幅も大きいようで、、、

生まれてきたから死ぬしかねぇじゃん。こんなことで月に一回くらい僕は激しく落ち込む。悲しくなって、なにも手につかなくなる。やる気が起きない

天才にしばしば見られる破滅型の気質が感じられます。
また、夕方5時に日記を書き始め気づいたら翌朝の5時だったという記述もあり、不思議ちゃん要素が高いようです。

天才+破滅型+不思議ちゃん=
ガチでヤバい

吉高由里子さんもかなりな不思議ちゃんと呼び声が高いですが、お2人が暴走しだしたらもう止まらなかった事でしょう。

不思議ちゃんにはしっかりした人がついていた方が人生のバランスが取れそうですよね。

ドラマでのビンタ合戦に大島優子もドン引き!?

吉高由里子さんは2011年秋に放送の月9「私が恋愛できない理由」で大島優子さん、香里奈さんと共演されました。
この3人は撮影中も和気あいあいとしていただけでなく、プライベートでも一緒に遊んだり女子会をしたりと非常に仲が良かったとの事です。

リラックスした表情や、

wakiaiai

これはプライベート(?)

shopping

いい関係なのが伝わってくるようです。

しかし、香里奈さんは
男前だな。

そんな仲良し3人も緊迫するシーンがあったという事ですが、、、

この日、行われた撮影は、ルームシェアで一緒に暮らすことになった三人が、初めて本気でぶつかり合う重要なシーン。

あることがきっかけで、恵美(香里奈)と咲(吉高)が取っ組み合いのケンカになり、二人の後輩である真子(大島)が必死になって止める、という場面だ。

取っ組み合いのきっかけになる二人のビンタの応酬は、“フリ”なしの真剣勝負。本番が近づくにつれ、吉高も香里奈も「女の子にビンタなんてしたことなんてないから、ドキドキするよ!」と緊張気味。

だが、「スタート」の声がかかると同時に、迫力あふれるビンタが繰り出され、「バチン!」という生々しい音がスタジオに響きわたり、必死の形相で二人のケンカを止める真子役の大島もついには吹っ飛ばされてしまうほど、女優魂が炸裂した。

さすがの一流女優同士ですね。

演技が終わるとお互い「ごめん~! 大丈夫!?」と言い合い、大島さんは「ほんっとに怖かったですよ~!」とドン引き気味で大はしゃぎ。
「女同士の喧嘩って超怖いよね~!」などと、女子トークに花が咲いたという事です。

ビンタ直前の
大島さんの表情
を見て下さい!

ohshima

確かにこの位置取りでは、大島さんは巻き添えを食って吹っ飛ばされてしまいそうですよね。

まとめ

・野田洋次郎は破滅型の天才!
・不思議カップルはアップダウンが大きすぎ!
・一流のビンタに大島優子も巻き添え!

watashiga_bottom

吉高さんはドラマの復帰も決まっていますし、

次の恋愛も
順調でイケイケ
なのでしょうか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

GADGET

BOOKS

SHOW BIZ

PAGE TOP