ACTOR

佐藤健に仮面ライダーを超える禁断の黒歴史!?映画「何者」試写会で菅田将暉にあわや完敗!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

佐藤健(たける)さんは「仮面ライダー電王」が最初の主演作品ですが、一部では黒歴史なのではないかという疑惑も有ります。
しかし、それを更に超える禁断の黒歴史作品があるという噂もあり、、、。
映画「何者」の試写会では主演にもかかわらず菅田将暉さんにあわや完敗の気配も!?

佐藤健に仮面ライダーを超える禁断の黒歴史!?

仮面ライダーは本当にイケメン俳優の登竜門となっています。
佐藤健さんも例外ではないですよ。
佐藤さんは「仮面ライダー電王」がドラマ初主演作です。
denoh

しかし、仮面ライダーへの出演は本格指向の俳優さんにとって、黒歴史とみなされてしまうという噂もあり、佐藤健さんにも若干そのような疑惑があります。

「仮面ライダー電王」ですが、キャッチコピーは

「時を超えて俺、参上!」
「時の列車デンライナー、次の駅は過去か?未来か?」

電王の「電」は
電車の「電」!?

何故に電車かというと、、、

「バイクに乗れない子供達が、より身近に乗れるものは何か」と考えて出た案だった。

えっ!?まさかのライダー否定!??
電車乗りは「ライダー」じゃないだろ!?
とツッコみたかったのですが、辞書を見てみると、

rider [名詞] ライダー, 電車の乗客

何と、電車の乗客も「ライダー」だったのでした。
ある意味ビックリです!!

気をとりなおして、「電王」のプロットはというと、、、

侵略者であるイマジンは憑依した人間の記憶を基に過去へ飛び、時間を改変してしまう。
電王に変身できる良太郎はひ弱で気弱、不運続き。

モモタロス・ウラタロス・キンタロス・リュウタロスらの味方イマジンの憑依により良太郎は性格も一変する。
イマジンを追って、電王もデンライナーで過去へ飛ぶのだ。

denoh2

佐藤健さんは、「良太郎」+「イマジン憑依」で6人分の性格を演じ分けるという難しい役どころをこなし、電王を演じた時間を「宝物」だとコメントしています。

そのような「電王」を黒歴史といわれる要因としては、後期の劇場版に佐藤さんが出演しなかった事があります。

出演拒否か!?との噂になりましたが、後期の劇場版は元々の予定になかったものなので、事務所がいつまでも仮面ライダーに出演してイメージが固定されるのを嫌い、ズルズル出続けさせないという決定をしたようです。
という事で、佐藤さん自身は黒歴史とは思っていないようですね。

それに比べ、ドラマ初出演の「プリンセス・プリンセスD」は黒歴史感が漂っていますよ。

男子校である藤森学園には“姫”制度が存在していた。
河野亨(佐藤健)は、その端麗な容姿から“姫”に選ばれてしまう。

ほうほう、女装の佐藤健さんが見られると。

男子姿はイケメン揃いといって良いと思いますが、、、
(左から、藤田玲、鎌苅健太、佐藤健)

d1

それがこうなっちゃった。
d3

Oh!
ブラックヒストリー!!

「プリD」は佐藤さんの公式プロフィールには掲載されていない事からも、必要なければあえて触れたくないその気持ち!お察しします!

とはいえ、こちらの佐藤さん(左側)は結構可愛いですけどね。
d2

角度によっては、
アリだと思います!


映画「何者」試写会で菅田将暉にあわや完敗!?

映画「何者」は「就職活動に励む大学生5人を軸に、SNS上の人間関係や自意識に翻弄される若者たちの姿を浮き彫りにする人間ドラマ」というキャッチコピーとなっています。

主演に佐藤健さん、共演は有村架純さん、二階堂ふみさん、菅田将暉さん、岡田将生さん、山田孝之さんという豪華なメンバー。
nanimono

拓人(佐藤)に片思いされながらも、光太郎(菅田)を一途に思い続ける瑞月(有村)という三角関係が繰り広げられるようです。

試写会の会見でも、モテる側の菅田将暉さんのコメントはどこか余裕が感じられ、

菅田「大変ですよ。光太郎はみんなのたけるんよりモテるって設定ですから、ドキドキしてましたね。有村さんに『(瑞月は光太郎の)まっすぐなところ(が好きなん)じゃない?』と言われたので、あまり考え過ぎずに演じました」

それに対し、モテない側の佐藤さんは、

「何それ、のろけ?(笑)」

とツッコむのがやっとの状態。
菅田将暉さんの優位は役どころそのままだったようです。

勝ち負けでいったら、佐藤さんは
あわや完敗というギリギリか!?
最後の(笑)がなかったら敗戦確定の所でした。
いや〜、危い(あぶい)ね。

会見では、「あまり皆さんと絡んでいない」というよそよそしいコメントをする岡田将生さんに対し、佐藤さんと菅田さんが「僕たちとの思い出忘れちゃった?最低!」となじったり、山田孝之さんが一人、「タイトルロゴのフォントがいいとずっと思っていた」とマイペースコメントをしたり、和気あいあいではあったようです。

まとめ

・「電王」は宝物!黒歴史じゃなかった。
・黒いやつも思ったより可愛いかった!
・菅田余裕しゃくしゃく!

takeru2

演技力は高く
評価されていますよ!!

この記事を読んだあなたにおススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

GADGET

BOOKS

SHOW BIZ

PAGE TOP